JAFの発行するライセンス取得

カーレースドライバーという一見華やかなヒーロー的職業は、車やモータースポーツ好きな男の子にとっては一度は憧れる夢の職業ですね。
カーレースで活躍するドライバーの姿を見るたびに、その速さとかっこ良さに惹かれるのも無理はありません。

しかし、エンジン付きの車を運転する以上、プロのカーレースドライバーになるには特殊なライセンスが必要となります。国内であれ国外であれ、レースに参加する前提条件での運転技術向上の為の訓練とJAFの発行するライセンス取得には、才能もお金も要りますので、ここでより選ばれた人だけがなれる職業なのです。

国内はもとより、国際レースへの参加にはカーレースドライバーとしての特別なライセンスを持っていなければエントリーできません。一番下のライセンスである国内B級から順に、国内A級、国際C、B、Aと、規定出場回数や入賞結果と経験を積みながらあらゆる条件をクリアして、より上のライセンスを取っていかなくてはならないのです。

ですから、誰もが名前を知っているようなカーレースドライバーになるのは大変なことです。しかし、目指すはやはりカーレース界の最高峰カテゴリーであるF1のシートを獲得することでしょうか。
日本人初のF1ドライバーである中嶋悟、初のF1表彰台に上がった鈴木亜久里、そして現在活躍中の佐藤琢磨など、世界を舞台に走るカーレースドライバーに続けと、若きドライバーの卵たちが各国でしのぎを削っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3733586
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック