特別なライセンスの取得が絶対条件

カーレースドライバーと言えば「命がけの危険な職業」というイメージがある反面、それ故にかっこ良いから憧れる人も多いと思います。
特に近年、世界レベルのカーレースでの日本人ドライバーの活躍を見てカーレースドライバーを目指す人が増えています。

しかし、ただ車が好きだから、ちょっと運転に自信があるからといってすぐにカーレースドライバーになれるほど甘くはありません。

自分だけでなく他人の命をも危険にさらす恐れのある職場ゆえ、プロを目指すのであれば当然それに見合った十分な訓練と経験、特別なライセンスの取得が絶対条件となっています。

国際的なカーレースドライバーになる道のりは、次のライセンスを順に取得していくざっと4段階をクリアしていかなければなりません。
まずは国内ライセンスのB級、そしてA級、国際ライセンスのCライセンス取得で国際的なラリー等公道レースに出られ、その上のBライセンスがフォーミュラ・ニッポンやル・マン24時間耐久レースなどに出るために最低必要なライセンスとなります。その上のAライセンスでFIA国際F3000選手権やCARTチャンピオンシリーズなどに出られ、更にその上のスーパーライセンス、これがF1ドライバーへの最終切符となる訳です。

全国様々なレースで活躍するカーレースドライバーたちですが、国際的に有名なルマン24時間耐久レースやパリ・ダカールラリー、INDYやF1などでも日本人ドライバーの参加が当たり前となってきています。

ミハエル・シューマッハやアイルトン・セナなど、伝説になるようなドライバーが日本人からも誕生してもらいたいものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3765047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック