F1ドライバーはエリート中のエリート

カーレースドライバーは、誰よりも速く走るスピードとテクニックを競うバトルで、見ている者に独特の高揚感とスリルを味あわせてくれるプロのスポーツ選手です。

死と隣り合わせの危険が付きまといますが、いつの時代も、車が好きな男の子にとってはカーレースドライバーは憧れの職業ですね。

当然カーレースドライバーには憧れだけでなれるものではありません。色々なレースに出場して車をドライブするためには特殊なライセンスを取得する必要があります。
そのライセンス取得に並々ならぬ訓練と、努力と、才能と、そして運とお金も必要なのです。

普通の運転免許証を持っているのは勿論の事、レースで走る為のライセンスを取る為にはJAFの講習を受けて、まずは国内のラリーやジムカーナ、ダートトライアルに出られる国内Bライセンスを取得します。
それから実践レースに出場して初めて国内レースに出場できる国内Aライセンスが取得できます。
全ての道はここから始まり、あのF1に出場する為には更に4段階上の国際「スーパーA級ライセンス」の取得が必要となるのです。

世界中のカーレースドライバーの中からたったの22人しかなれないF1ドライバーはまさにエリート中のエリートなのです。その選ばれたエリートドライバーの中で争って、6度も世界チャンピオンを取ったミハエル・シューマッハは、「皇帝」と呼ばれるにふさわしい並外れた才能を持った天才ドライバーで、故アイルトン・セナ同様、ドライバーの中でも憧れの存在であり、その伝説は語り継がれていく事でしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3793086
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック